ホーム
> 宁波ニュース > 市民の声
浙江?台湾协力周间宁波特别兴 9月18日に开催
2019-09-14フォントサイズ: A A A

 宁波市台湾弁公室によると、2019浙江?台湾协力周间宁波特别兴行が9月18日に开催されるという。モノネットワーク知能制造领域、高分子素材领域、半导体産业、文化设计制造産业、教育卫生、文化観光、大健康、精致农业など业界筋と専门家及び学者が300人近く、宁波へ、データ経済の新たなチャンスを掴もうとしている。


 今回は「融合発展、合作共赢」をテーマに、交流合作を広め、同胞情谊を深め、互恵共同発展を実现することを目标にしている。浙江?台湾の协力周间特别兴行イベントは4年连続宁波で开催され、双方の経済文化の深い融合、経済と贸易の协力交流の拡大、宁波「246」の万亿级産业クラスターの强化、プラットフォームの革新、宁波の伝统産业のモデルチェンジやアップグレードに対し、非常に重要な意味を持つものであるとする。イベントは「1+10」のモデルを取り、2019浙江?台湾の协力周间宁波特别兴行开会式典、特别テーマイベント、実地考察活动などを含めるという。


 その中、市政府、省台湾弁公室、商务庁、経済情报庁、科学技术庁の共催、宁波市台湾弁公室、宁波市経済情报庁の引き受けによって、2019浙江?台湾协力周间宁波特别兴行开会式典及び台湾海峡両岸(宁波)知能制造産业商谈会は今回の协力周间宁波特别兴行一连活动のポイントである。大规模、高レベル、新理念といった特徴を持ち、来宾挨拶、プロジェクト契约、テーマ讲演など多くの议事日程が予定されている。调査によると、2019浙江?台湾协力周间に、宁波は重大台湾商人が6项の投资项目に投资総额35亿元に上り、主に知能制造、大健康、グリーン石油化学、文化创意など多数の领域に及ぶという。


【印刷】 【闭じる】