ホーム
> 宁波ニュース > ニュース速报
 浙江省初のスマート轨道电车が象山に上陆
2019-10-02フォントサイズ: A A A

? ? 象山県政府と中车都市交通有限公司の协力の重大な成果の一つとして、浙江初のスマート轨道电车は国庆节期间中に象山に上陆する。

?

 このスマート轨道电车は象山グリーン交通システムの松兰山プロジェクト用车両で、国庆节の期间中に象山影视城で展示体験することができる。3両编成で、车両长31.64m、幅2.65m、高さ3.34m、最大定员307人。

?

 スマート轨道电车は高速鉄道のような2重机関车设计を采用しており、Uターンすることなく双方向に走行できる。电车の回転半径は一般のバスと同程度で、通路の幅もさらに狭く、航空级タイヤとゴムホイールのステアリング轴を新たに采用し、レールを敷かずに一般道路を直接走行できる轨道车両に相当する。

?

 また、このスマート轨道电车が电気駆动で、排出ゼロ、雑音が小さく、车両の长さが输送量の需要に合わせは3节、5节、あるいは8节に変化できる。また北闘卫星や动画、レーダーなど多重矫正を通じて実现バーチャル技术轨道に従う、そして知能补助运転を融合した轨道交通と地上の公共交通の二重の属性とメリットも持っている。


【印刷】 【闭じる】