ホーム
> 宁波ニュース > 町のニュース
 2019「椿花友谊证书」の授与
2019-10-02フォントサイズ: A A A

9月29日、2019宁波市の「椿花友谊证书」と「椿记念证书」を授与した。

?

 2019年、8人の外国人専门家が「椿花友谊证书」を获得した。

?

 宁波乌中远景新材料科技有限公司技术监督はウクライナ科学院院士のバグリク?ゲンナジャ氏。宁波大学教授のアメリカ国籍のスラワ?エプスタイン。宁波三悦工业科学技术有限公司执行総裁フィンランド籍のユッカ。宁波楽金甬兴化工有限公司総公司の韩国籍の高明焕。吉利汽车研究院(宁波)有限公司副院长、首席アーキテクチャーエンジニア、スウェーデンのケント。宁波均普工业自働化有限公司総経理オー ? ? ?? ストリア出身のレット?フランツ。宁波ニコスポンジ科学技术有限会社の研究开発技师、アメリカ国籍のジル?トーマス?ワトソン。宁波市立古林职业高级中学名誉校长、オーストラリア出身のリッキー?スティーブンス氏。

?

「椿记念证书」を授与された外国人専门家10人がいる。

?

 宁波大榭开発区総研化学有限会社社长の中沢光彦(日本籍)、宁波ノッティンガム大学経営大学院院长のマーティン?ロックト(英国籍)、宁波中国ウクライナ新素材産业技术研究院有限会社の副院长サイモン?クヴァストホフ?ユーリ(ウクライナ籍)、宁波锦越新素材有限会社の副総裁広田二郎(日本籍)、象山県浙东白鹅研究所の技术顾问ジェニファー?ロペス?ピエール(フランス国籍)、宁波精达形装备株式会社プロジェクト监督のジェームズ?マリナ(英国籍)、东方日昇新エネルギー株式有限公司の首席マーケティング担当乔德睿(インド籍)、宁波舜宇光电信有限公司のAP技术二部副部长田中武彦(日本国籍)、宁波外事学校の外国人讲师ヒルデ(ドイツ国籍)、宁波职业技术学院の韩国语教师ソル?ヨンジュ(韩国籍)。

?

 宁波の「椿花友谊证书」と「椿记念证书」は、宁波の経済建设と社会発展に着しく贡献した外国の専门家に授与される。


【印刷】 【闭じる】